背を向けてたつ

「背を向けてたつ」って、私にはカッコよくきこえるのですが、この書名は、そんな後ろ向きの人間には、どうにも直視できなかったようで、本棚を整理していたら、ひとり背を向けて、いや一冊後ろ向きに突っ立ておりました。

すすめる本

そういえば、最初、この本屋さんの雑誌に、


こんな記事
を載せたのがキッカケでしたっけ…..それで、今回は「1ページで『資本論』を紹介せよ」という注文、こういう無理難題、けっこうスキなのかも….コマッたなー、なんて言いつつ、ニヤニヤしていたんでしょう、毎度のことながら。で、例によってナニやらワケのわからぬキワモノと相成りました。

『資本論』

それでも、スペースの関係でカットしちゃったところがあります。はじめ、「『資本論』は何語で書かれ、どこで出版されたのか?」というイントロだったのです。これって私にとってはちょっと意味深な問いかけで…. 2011年の夏、3ヶ月ほどロンドンに住み、ダブリンやパリにちょっと旅行したりしながら、あれこれ思いを巡らしていたことなんですが、それはまたいずれ…

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください